ホリデイ・トレッキング・クラブ

引き継がれる伝統文化

国重要無形民俗文化財 根知の延年(おててこ舞)

 根知山寺のおててこ舞(国の重要無形民俗文化財指定)山寺日吉神社に伝わるおててこ舞(延年の舞)とは寿命を延す。長生きをすると言う意味の舞であります。平安末期から鎌倉時代に行われた芸能の名で、寺院に於いて法会(ほおえ)の後に余興(よきょう)として遊僧によって演じられたもので、「おててこ舞」と称せられる舞は露の舞・若衆の踊・扇車・四節踊・三国踊・百六踊の六曲から成っていると言われます。
山寺金蔵院にある寛永2年(約400年前)の古文書によれば、「おててこ舞」の伝わってきた経路は関西から隣国信濃国に入り、それから安曇族によって根知に伝来したと言うのが一般的に語り伝えられている事柄です。国の重要無形民族文化財に指定され、吾が郷土根知の文化の古さと尊さを感じます。


才の神

 サイの神とは、1月15日の小正月行事。切り出した栗の木にワラをくくりつけ、夜に火を付け、その火に、一年の無病息災を祈る祭です。特に厄年の人は、厄払いの意味も込め、御神酒を献上します。また、サイの神の一番上に付けた書き初めが、高く燃え上がれば習字が上手になると言われています。